« 歯と口の健康のためにも和食を! | トップページ | 抜けた乳歯の保管ケース »

2016.01.27

旬の食材が持つ役割とは?!

みなさん、こんにちは
江南市すぎもと歯科 スマイルコーディネーター・栄養士の山内です

前回のブログでは、「和食は必然的によく噛むように仕組まれた食事」であることをお伝えしました

お正月もあり、和食文化を見直すよい機会でしたが、みなさんおせち料理は召しあがりましたか?
私は、今年も祖母のお手製を美味しくいただきました。


さて今回は”旬の食べ物がもつ役割”についてお話したいと思います

四季折々の【旬】の食べ物は、私たちの身体と密接に関係しており、それぞれの食物に、その季節を乗り切るための「役割」がありますキラキラ デコメ絵文字

しかし、現在はハウス栽培・水耕栽培の発達や、小売業の販売政策・流通の発達などにより、同じ野菜が一年中どこでも手に出来るようになり、子供だけでなく大人でも【旬の野菜】がわかりづらくなっていますCalendar_vegetables_2

少しご紹介しますと・・・キラキラ デコメ絵文字

・・・山菜などの苦い食べ物を食べて春の陽気からくるのぼせを防ぐ。
・・・きゅうり・すいかなど身体の熱をとる水分の多い野菜・果物が出回る。
・・・冬の寒さに備えて脂肪の多い落花生・栗などの木の実や魚が盛りとなる。
・・・身体を温める根野菜が多くなる。

いかがですか、無意識のうちに旬の食材を上手に取り入れていらっしゃるのではないでしょうか
Cc300d08食卓で季節を感じるというのは四季のある日本ならではですね。

最近やっとが到来し、本格的に寒くなりました
こんな時期には、やっぱり鍋ですね
冬の旬野菜をたくさん入れて、よく噛んで食べ、寒い冬を乗り切りましょうキラキラ デコメ絵文字

« 歯と口の健康のためにも和食を! | トップページ | 抜けた乳歯の保管ケース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連ホームページ