« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014.07.28

本の紹介「歯磨きしているのに虫歯になるのはナゼ?」

みなさん、こんにちはsun江南市すぎもと歯科・スマイルコーディネーターの山内です(*^-^)

みなさんは、毎日歯を磨いていますか?

厚生労働省の調べによると、95%の人が毎日歯磨きをしているそうです。
しかし、虫歯ができることもまた"当たり前"になってきていてcoldsweats025歳児では50%、20~80歳は80%が虫歯になっているのだそうですcoldsweats02
sweat01N

「歯みがきしているのにむしばになるのはナゼ?」という本が出版されました
・・・一生懸命歯を磨いてもむし歯を繰り返してしまうことに疑問を抱いた少年が、ついにその理由を探ることに・・・

すぎもと歯科ではスタッフ全員で読みましたが、とてもわかりやすい内容となってますbook
その中から、少しお話したいと思います

虫歯は、防ぐことのできる病気ですsign03
毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまう原因や、虫歯にならない為にはどうしたら良いのでしょうか、、、

Photoまずは、虫歯はなぜできるのか・・・sign02
虫歯の主な原因は、3つあるそうです。

①むし歯菌・・・お口の中に残っている食べかすを食べて、虫歯の元になる"酸"をだします。
②むし歯菌のエサとなる食べ物や飲み物・・・お砂糖のような甘いものに限らず、トウモロコシやジャガイモ、お米に入っているでんぷんもエサになります。
ツバ・・・ツバの量や性質が虫歯に大きく関係しています。

この3つの他にも、歯の強さといった色々なことがすべてそろって初めて、少しずつ歯が溶けはじめますsweat02
それが長いこと積み重なって、歯に穴があいてしまうのです∑(゚∇゚|||)

虫歯の予防には、フッ素入り歯磨き粉やキシリトールが効果的ですが、自分ではなかなか気付けない"なりかけのむし歯"をみつけるためには、定期的に歯医者に通うことが一番大事ですheart01
むし歯菌の数も、お口にあるむし歯菌のエサの種類も、つばの量や質も全部一人一人違いますthunder
歯科医院では、一人一人に合った歯磨きの仕方を指導したり、歯ブラシだけでは取りきれない汚れをキレイにおとしますshine

自分自身での虫歯予防はもちろん、定期検診を受け自分に合った予防法で虫歯ゼロを目指しましょうsmilegood

book本は待合室に置いてありますのでぜひご覧になって下さい!

2014.07.24

今月の花✽ひまわり

こんにちは~*。♡
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の小酒井ですHimawari


梅雨明けsun嬉しいですねhappy01夏本番がやってきますよ!!
とは言いつつも、私はまだ心の準備ができていません・・・・。

暑い夏を乗り切るには、たくさん食べて体力をつけ、こまめな水分補給が大切です。
でも皆さん、冷たい飲み物のとり過ぎには注意してくださいねsign01
暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲んでいると「コールドドリンク症候群」になってしまいますsign03

「コールドドリンク症候群」とは、冷たい飲み物の摂り過ぎで、体温が低下し内臓脂肪を溜め込んでしまうことをいうそうです夏太りの原因にもなりますので気をつけたいですねcoldsweats01sweat01

Dsc06327_800x600さて、今月のお花を紹介します

今月は「ひまわり」「デルフィニウム」です。
夏といえば、やっぱりひまわり!というイメージがあります。

ひまわりの花言葉はご存知ですか?「光輝・熱愛」ですheart02shine
キラキラ輝いていて、一点だけを見つめている姿を見ると、わかる気がしますね(*゚▽゚*)
そして、ひまわりに寄り添うのが綺麗な青の小花「デルフィニウム」です、こちらの花言葉は「尊大・清明」です。

ひまわりとの色合いがとてもマッチしていますよ。
ご来院の際は、ぜひご覧になってくださいねlovely

2014.07.23

虫歯予防!決めてはやっぱり「フッ素☆」

こんにちはsun

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。

子ども達の夏休みが始まり、お母さん方も暑さに加え、何かと大変な毎日かと思います。お体に気をつけて乗り切ってくださいね。

さて先日の日曜日「虫歯のリスクを下げるにはどうすればいいのかsign01がテーマの講習会に参加しました。前回に続き第2回ですpencil

16_24
第1回の内容は「妊婦さんから始める虫歯予防について」でしたが、今回は虫歯予防に最も有効なフッ素についてのお話でした。

フッ素なしでは予防は考えられないsign03」といわれるほど重要で、水道水にフッ素が添加されている海外の国では日本より砂糖の摂取量はとても多いのに虫歯は少ないことでした。

フッ素を心配される声を時々耳にしますが、適切な量を用いれば健康への害もなく、子供でも妊娠中、授乳中の方でも安心して使うことができるのですsign01good

水道水にフッ素が入っていない日本において、虫歯予防に最も効果があるのは定期健診+フッ化物の応用ですので、フッ素入りの歯磨き粉とフッ素洗口剤を家で正しく使用することをお勧めします。Ncm_0307_800x703

写真は予防先進国などで販売されている歯磨き剤で、フッ素の含有量は日本のものに比べかなり多く、なんと5倍も入っているものもあるとのことですeyesign01

また定期健診に来られた際には衛生士お勧めのフッ素配合歯磨剤など虫歯予防についてご紹介させていただきます。ご質問があればお気軽におたずねくださいね

ためになる衛生士のページ」にも関連記事がありますので合わせてご覧下さい

2014.07.22

夏祭りでのお願い♡

みなさん、こんにちはhappy01江南市すぎもと歯科スマイルコーディネーター歯科助手の石川です(◎´∀`)ノ

梅雨明けsunが発表され、暑い日が続いてますね!!
梅雨明け後は熱中症impactになる方がグッと増えるそうなのでこまめに水分補給sweat02を行い気をつけていきたいです☆

さて、今年もたくさんの方にご応募していただいた、すぎもと歯科カムカムクラブ夏祭り!応募締め切りとなり、当選・不当選の方への連絡もさせていただきました☆

今年もたくさんのお子さん・ご家族の方々に参加していただくなかで、お願いがありますsign03(。>0<。) 毎年、大人気で混み合いやすくなる水場(水ふうせん・スーパーすくい)でのお願いです☆
当日参加されるお子さん・ご家族の方paper プールのまわりをたくさんのお子さんが囲んでしまうことでプール付近が大変混雑してしまい危険ですdangerDsc_5256_2

担当スタッフの誘導にしたがってご参加いただきますようにお願いいたします!!

小さいお子さんから大きいお子さんと、幅広い年齢層のお子さんたちにご参加いただきますので、
『あの子のほうが多いのでは・・・』など不満を感じることがあるかもしれません・・・ですが、みなさんに楽しくご参加いただけるようスタッフ一同精一杯対Imagescaeuo90f応させていただきますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

当日は熱中症にも気をつけて、いろいろなブースたくさん楽しい思い出shineをつくってください♡♡♡

みなさんが元気よく夏祭りにご参加いただけるのを楽しみにお待ちしておりますhappy01heart01

 

2014.07.04

七夕イベント。゚.☆.。.:*・

こんにちはnote
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の葛島です

6月は梅雨と言いつつも、カラ梅雨sprinkleであまり雨が降らなかったですが、最近ようやく梅雨らしく天気予報でもrainマークをよく目にするようになりました。気温の変化も激しいので、皆さん体調管理には気をつけてくださいね。

Dsc06181_480x640さて、7日は七夕shineですね☆.。.:*・☆.。.:*・

Dsc06185_494x640すぎもと歯科でも6/16から 7/7まで、七夕イベントを開催していますsign01

イベント期間中にお越しいただいたお子さんに、短冊に願い事を書いていただき、院内の笹竹はステキな短冊でいっぱいですhappy01
短冊の願い事を見ると 微笑ましいものばかりDsc06176_480x640で、スタッフみんなで癒されていますheart01


イベントも残り数日となりましたが、まだ願い事を書いていない方は、ぜひ願い事をしてくださいね

みなさんのたくさんの願いがどうぞ叶いますように・・・Imagescaago2m3_2


小児歯科サイト イベントのページに詳しく載せていますのであわせてご覧くださいshine

2014.07.03

お酢は体に良いが、歯にはどうなの?

みなさん、こんにちは。
江南市
すぎもと歯科・歯科衛生士の町野です。
以前この中でお伝えしましたが、歯と口の健康週間でのクイズの中で一番正解率の低かった『お酢は体にもイイし、歯にも良い?』(答え✖)について、詳しくお伝えしたいと思います。
みなさんは「酸蝕歯」いう言葉をご存知でしょうか?Hamigaki_2

歯のエナメル質(表層部分)は、硬い組織でできていますが、食事や飲み物に含まれる酸や胃酸に触れると
一時的に柔らかくなり、歯のミネラルが失われます。
この状態で、歯磨きや、歯ぎしり、食いしばりなどをするとエナメル質が削れやすく、時間の経過とともに歯が薄くなった2り穴があいたりしてしまいます。
このように酸が主な原因で歯が溶けてしまうことを
「酸蝕歯」と言います。
お酢は酢酸やクエン酸をはじめ、アミノ酸などの有機酸が豊富に含まれています。
そのため、毎日健康のためにと飲んだり、1日の中で何回も飲む習慣があると
酸蝕歯になりやすくなってしまいます。

お酢は古くから利用されている
人類最古の調味料です。
疲労回復や生活習慣病予防に効果的で健康と美容に良いとされ、古くから多くの人々に親しまれてきましたが、飲み方によっては注意が必要です。

Photo_3柑橘類も暑い時には特にさっぱりして美味しいですが摂り方に気をつけましょう!
←大きくしてご覧下さい!
ブログ「歯科衛生士のページ」でも、「酸蝕歯」を詳しく説明していますのでぜひご覧下さい

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連ホームページ