« 繁盛歯科医院見学 | トップページ | ツバメその2 »

2006.05.06

スラムダンク

408859197609_ou09_pe0_scmzzzzzzz_ ある講習会(年4回)に参加したところ、第1回目の宿題がスラムダンク1~24巻を読むこと、そして3回読み返すこと。

第1回目は漫画の面白さを感じる、2回目は「どこに最高のチーム作りのポイントがふくまれているか」を感じる、3回目は「自分の医院は湘北高校と比べてどうか、自分はスラムダンクのキャラクターと比べてどうか」ということを感じながら読んでくださいとの事。

すなわち「スラムダンク」から、医院のスタッフ間のチームワーク作りを学ぼうという事らしい、確かに医院においてチームワークが良ければ治療もスムースに行えるし、なによりも職場が活気付き楽しく働く事ができる。

指示通り一回目は何も考えずサラッと読む、年齢的に最近のタッチの漫画に少し違和感を感じながらも読み終えるが、とりたてて言うほどの感慨はない、漫画だなーという感じ。

2回目を読む前に解説本をアマゾンで探すと、関連本も含めて多数ある、そしてスラムダンクは一億冊以上すでに売れているとのこと、すごい人気のある本と初めて知った。

479767024x09_ou09_pe0_scmzzzzzzz_

「スラムダンク勝利学」という解説本を購入し読むと、スラムダンクの漫画の中に、様々な教訓が含まれていることに気付かされる。

その中の一つの教訓を記します。

我々は、目標がなくても生活ができます。しかし、目標は人生に骨組みを与え、我々の集中力も高めるのです。

目標を追求するときの夢中さは、心から人生に従事させ、より活発にさせ、気持ちよく目的に打ち込ませ、充実感を味わわせ、そして価値ある人生をもたらす、すべての糧を与えてくれるのです

解説本を読んでからスラムダンク2回目を読んでみると、各巻の随所に教訓が含まれたシーンが出てくる、チームワークの大切さを感じることが出来る。

3回目はどのような感想になるかな?

« 繁盛歯科医院見学 | トップページ | ツバメその2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連ホームページ