« ツバメその2 | トップページ | 泰阜村の私の母 »

2006.05.28

審美歯科

060526t06_3 みなさん、町中や雑誌で『審美歯科・審美治療』という言葉を最近良く見かけると思います、金曜日のテレビ「はなまるマーケット」でも特集をしていました。

当院の診療項目の一つにもなっていますが、それは歯そのもの外見の美しさを整える治療のことで、当院でも審美治療を希望されて来院される方が増えています、

「痛くなく噛めれば良い」 から 「美しく爽やかに微笑みたい」という時代になっているようです。

なかでも女性が特に気にしているのは、歯の白さなんですね。 ある会社が行ったアンケートで、おおよそ7割の女性が歯の色が気になると答えています。

、審美歯科の手法には、ホワイトニング、クリーニング、補綴(歯に被せたり貼り付けたりして色や形を整える)、そして歯並びを整える矯正も入ると思います。

「ホワイトニングとは、歯を削ったりしないで、お薬を浸透させて歯を白くする方法です。「白い歯」がステータスであるアメリカでは、35%以上もの人がホワイトニングをされているそうです,   主成分は消毒にも使われる過酸化水素水、安全性も高いので安心

もう1つの「クリーニング」、これは「通常の歯みがきで取りきれない汚れを取っていくというもので、着色・プラーク(歯垢)の付き具合によっては、クリーニングのみでも美白効果が得ることが出来ます。」

こびりついてしまった歯石や歯垢を超音波で丁寧に取り除いていきます、そして、研磨剤で磨き上げてクリーニング、さらにパウダーをスプレー状に吹き付けながらお取りしていきす。                                                   水と空気とパウダーの同時噴射で、あっという間に頑固な着色よごれが取れてしまいます。

見た目だけでなく、「クリーニング」は お口の健康を保つためにも有用ですから、定期的に受けられることをお勧めします

« ツバメその2 | トップページ | 泰阜村の私の母 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連ホームページ